2009年5月15日金曜日

Pattie Boyd "Wonderful Tonight"

仕事の帰りに、新宿の Tower Records に寄ったら、気になる本が2冊あったので、買ってきた。一冊が、George Harrison と Eric Clapton の元奥さんである Pattie Boyd の自伝。もう一冊が、TASCHEN から出ているポラロイドの写真集、Polaroyd Book。これを打っていて気がついたのだけど、両方とも頭文字が PB である!(まったくの偶然だけど、ブログを書いていると、こういう細かなことに気がついて面白い)

パティのことをはじめて知ったのは、自分が中学生のころで、当時は日本でもジョージ・ハリスンとエリック・クラプトンとの三角関係を取りあげたゴシップ記事が雑誌に載っていたのを憶えている。

ビートルズ初の主演映画「A Hard Day's Night」にハイスクールガール役で出演したのが縁で、ジョージと結ばれたものの、わずか数年でジョージの親友、エリック・クラプトンと恋仲になり、ジョージとの別居生活を経て離婚。その後は、エリックと結ばれるという、実にスキャンダラスな人生を歩んだ。

最近、日本でも1960年代ファッションが注目されはじめて、ふたたびモデル時代のパティにスポットが当てられているが、最近のパティは不動産業を営む実業家と再々婚し、華やかな生活からはなれた家庭的な人生を送っているようだ。

二人のミュージシャンを翻弄した、魔性の女の代名詞のように語られることの多いパティだが、翻弄され続けたのはパティも同様だったようで、ふとしたきっかけからエンターティンメントの世界に飛び込んでしまったものの、元々は家族を愛する家庭的な性格の持ち主だったようだ。

いずれにせよ、存在そのものが周囲が放っておかない強いオーラを発していたのは事実のようで、きっと、天性の才能があったのだろう。

こんな女性が近くにいたら、あなたならどうしますか?

1 件のコメント:

lifeofthebeatles さんのコメント...

Wow - those are nice shots