2015年4月8日水曜日

Gibson L1 Robert Johnson(1929)がやって来た! -その1

海外オークションで落札した1929年製のGibson L-1がやっと届きました。落札日から数えること何と40日! これだけ時間がかかったのには、実は理由があります。

決算はPaypalで行う予定でしたが、落札額がカードの限度額を超えていたために、やむを得ずIMO (International Postal Money Order 国際郵便為替) を利用することに。 
IMOは1枚あたりの上限額が決まっているので、今回の取引には複数枚の為替が必要になりました。1枚ずつ必要な情報を記入してから、EMSの封筒に入れてセラーの住所に直接郵送するのですが、非常に面倒な上に手数料も割高で、Paypalの簡単さとは雲泥の差がありました。
セラーとのメールのやり取りは40日間で計36通を数え、途中で何回かハードルを越える必要がありましたが、最後にはちょっとした友情を分かち合える一幕もあり、単なるオークション取引の粋を超えた感動を味わうことができました。

ギターケースの中には、3枚の譜面とテープで綴じられた小さな封筒が入っていました。この譜面は、おそらくセラーであるM氏が、ミシシッピー州グリーンウッドにあるロバート・ジョンソンのお墓を訪れた時に、その近くの樹の下でこのギターを弾いたときに使ったものでしょう。

そして、小さな封筒を開けてみると、何やら意味深げなUSBメモリとジップロックに入った木の実が出てきました。木の実は、お墓を巡礼した際に周辺に落ちていたものだとすぐに察しが付きましたが、USBメモリには何が入っていたのでしょう? 続きは・・次回に掲載します!

0 件のコメント: