2015年4月8日水曜日

Gibson L1 Robert Johnson(1929)がやって来た! -その2

USBメモリの中には、20枚の写真が入っていました。おそらくM氏は、自宅のあるノースカロライナからミシシッピー州グリーンウッドまで、573マイル、時間にして9時間以上をかけてロバート・ジョンソンゆかりの地までロングドライブしたのでしょう。

そして、その際に撮った記念すべきものがこれらの写真です。お墓の近くに落ちていた木の実と一緒にギターケースに入れられて、今回はるばるこの日本へとやって来たというわけです。

M氏が、このお墓の横に座ってロバート・ジョンソンの曲をL-1で演奏しているムービーは、Youtubeにアップされており、私はギターが届く前からそれを何度か観ていました。ボトルネックを使って
 “Swing Low Sweet Chariot”を弾いているすてきな動画です。

そして、この墓地の近くにある、リトルザイオン教会が下の写真です。ロバート・ジョンソンのお墓参りにこの地を訪れる客は世界中から後を絶たないようで、お墓にはギターピックやお酒がたくさんお供えされているそうです。

クロスロードで悪魔と取引をしてギターの演奏技術を高めたという有名なエピソードがあるロバート・ジョンソンですが、彼の短い生涯の軌跡を讃えて世界中からギタリスト達が集まってくるのでしょう。

グリーンウッドには、ロバート・ジョンソンゆかりの記念碑がいくつか建っていて、観光資源の役割も果たしています。“Mississippi Blues Trail”という、ミシシッピー州が行っている観光イベントの一環も担っているようです。

0 件のコメント: