2009年6月20日土曜日

Gibson L-1(2002年製)


Gibson L-1(2002年)カスタムショップ製。我が家の Gibson はこれで4本。すべてアコースティックギターである。はじめて買った Gibson は、20代の頃に手に入れた ES-335 で、アイボリーの塗装に黒のPUが付いている珍しいギターだった。
銀座の山野楽器で新品を買ったのを憶えている。

それから数えて13本目の Gibson がこの L-1 ということになるが、楽器をはじめた頃からずっと使いつづけているギターというものが自分にはない。何か理由をつけては、新しい楽器を入手したり手放したりを繰り返しているのだが、つまるところ空間的にも金銭的にも余裕がないのだから仕方がない。

今年の春に、Robert Johnson モデルの L-1(Valley Arts Guitar)を入手したので、この L-1 は2本目である。L-1 の歴史は古く、アーチトップの初代モデルが発売されたのが1902年、フラットトップの二代目が発売されたのが1926年である。今回入手した L-1 は二代目のフラットトップを復刻したレン・ファーガソン在籍時のカスタムショップ製。

L-1 の魅力は、コンパクトなサイズからは想像できない音量と、エッジの効いた独特なブルージーな音色。1930年代に録音された Robert Johnson の音源は、録音技術の問題で Hi-Fi で聴くことはできないが、当時、演奏を生で聴いた聴衆はさぞかし驚かされたことだろう。

音はまだ若いこの L-1 だが、弾けば弾くほど鳴ってくれるはずだ。

L-1の音を聴きたい方は、以下をクリックしてください。

10 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

これはいいですね!

匿名 さんのコメント...

Gibson L1オヤジなのですが、なぜかコメントできないので、匿名にてコメントしました。Gibson熱も冷めやらぬ状態ですね。という自分も国産ハミングバードなど訳のわからないもの買い漁っております。

toma さんのコメント...

こんばんは!
お久しぶりです。こちらからは、何の制限もしてないのですが、勝手に書き込み制限されていたようです。
すみません!!

やはり、L-1にはまってしまいGibsonに手を出してしまいました。Valley ArtsのL-1も気に入っており、音色的には甲乙つけがたいです。

また、楽器の弾きくらべなどしたいですね!

匿名 さんのコメント...

やっぱり良くも悪くもコピーはコピーです。
そして良くも悪くもギブソンはギブソンです。
でもこのL1は現況ものより数段いいですよ、間違いない!

toma さんのコメント...

以前、弾かせていただいたL-1の音は素晴らしかったです。今回のL-1も、弾きこんであのような音が出るようにしたいです。

匿名 さんのコメント...

僕のL1も全く同じ個体なので、音は同じだと思います。ただ僕のは見かけを古くしてあるだけで、材などは基本的には同じですから。あの値段なら安かったですね。ぜひ今度音比べを、、、。

toma さんのコメント...

今回のL-1は、2002年にモンタナのカスタムショップでつくられたもののようです。以前弾かせていただいたものはペグが黒でしたね。艶やかな鈴の音のような響きが素晴らしいかったです。
使い込んで、少しでもあのレリック感に近づけたいです!

匿名 さんのコメント...

おはようございます。
最近J-45にはまり、L-1は弾く機会がなくなったので、某オクに出品してしまいました。
tomaさんのJ-45が気になる元L-1オヤジです。
来週あたり見せっこしましょうか?

toma さんのコメント...

L-1 パパさん、あの素晴らしいギターを出品してしまったのですか!!
J-45も良いギターですが、自分はL-1がやっぱり好きです。きっかけをいただいた、L-1 パパさんには感謝しております。
ギターの試奏会、またやりましょう!来週の連休中くらいでしょうかね。

匿名 さんのコメント...

Great article and very interesting blog :)

------------------------------------------
Free Poker Money - Free $50 褒奨金