2015年10月5日月曜日

木製トランク型アンプ内蔵スピーカー製作記 -4

木製トランク型アンプ内蔵スピーカー“サウンドトランク”に内蔵するためのBluetoothレシーバーが届きました。

サイズはとてもコンパクトで軽く、使い方も非常にシンプルです。まずはUSBにレシーバーをつないで充電が完了したら、ミニプラグでアンプとつなぎ、iPhoneなどのBluetooth設定でレシーバーの電波を読み込むだけ。

このレシーバーをさっそくサウンドトランクに内蔵して音を飛ばしてみました。トランクの蓋を閉めても電波が届くのかが最初のハードルでしたが、これは問題なくクリア。8mほど離れても大丈夫のようです。

次は、肝心の音出しチェックですが、どうも出力が十分ではありません。使っているデジタルアンプの出力(10W×10W)では足りないのか?と思ってレシーバーの± −ボタンでボリュームを上げてみましたが、やはり音は小さいままです。

う〜ん、こんなものか・・と落胆してそのまま昼寝をしてしまいました。


昼寝から起きてもう一度原因を探ってみると、答えは簡単、出力側の音量が小さかっただけでした(^_^;)。

iPhoneのボリュームをフルにしてあげると、サウンドトランクからは十分な音量が溢れでてくるではありませんか!。

これでiPhoneやパソコンなどBluetooth付き端末からのワイヤレス入力が可能となりました。トランク内部に携帯音楽プレイヤーがなくても音楽が聴けるようになり、活用の幅がグッと広がりました。


お問い合わせ先:monophonica_records@yahoo.co.jp
※サウンドトランク=Soundtrunk *TM

0 件のコメント: