2015年10月7日水曜日

木製トランク型スピーカー“サウンドトランク”第2号試作記 -1

木製トランク型スピーカー“サウンドトランク”の第2号機の製作に着手しました。今回は、1号機よりも一回り小さく設計しております。

1号機と比べると約600gほど軽いので、取りまわしもだいぶ良くなると思いますが、肝心の音質にどう影響するかは、製作が終わってみないとわかりません。

木工パーツの接着にはハタ金があると便利です。そして我が家に欠かせないのがタイトボンドで、ギター修理からスピーカー作りまで、随分とお世話になりました。

接着が終わったら塗装の工程です。ちなみに私は水性塗料派、なるべくなら油性塗料は使いたくないと思ってます。水性は環境にもやさしく、扱いやすいので油性とは雲泥の差です。

スピーカー製作の工程のなかで、もっとも奥が深いと思うのが塗装です。とくにMDFはニスやオイルなどの半透明塗料とは相性が悪いので注意が必要です。

サウンドトランク2号機の塗装と金属パーツの取り付けが終わりました。これから先は、アンプとスピーカーの配線など、電気的な作業となっていきます。

このように、木工加工とハンダ付けをはじめとした電気加工が混在するのがスピーカー作りの醍醐味でもあります。

設計の段階を除けば、電気加工に始まり電気加工で終わるアンプの製作とは、この点が異なります。アンプ作りは試行錯誤の連続です。実はそこがアンプ作りの魅力なのでしょうが 、スピーカー作りには、音もカタチも劇的に変化していくという、無類の楽しさがあると思います。

お問い合わせ先:monophonica_records@yahoo.co.jp
※サウンドトランク=Soundtrunk *TM

0 件のコメント: