2015年9月16日水曜日

高音質7.7cmフルレンジ使用「77CUBE II」試作記 -3

JBLのカリフォルニア・ブルーをイメージした青色にバッフルを塗った「77CUBE II」を試作しました。今回は、バッフルを強度のある9mm厚のMDFにしてみました。

塗料はいつも使っている水性のシリコンアクリル塗料の「青」を使っています。ニスなどの透明な塗料ではないので、MDFへの塗装でも特に問題はありませんでした(MDFには木目がないため、透明な塗料は適しません)。



スピーカーユニットのバッフルへの取り付けは基本的に裏打ちです。今回使用しているユニットには取り付け用の金具がありませんので、いかにユニットをバッフルに固定するかが問題になります。今回は、写真を見ていただければわかるように、スピーカー内部に支柱を立てて、ユニットを固定する方法をとりました。

エンクロージャーとなる外枠とバッフル面との間には、シリコンシーラントをたっぷりと塗って隙間を埋めています。これによって密閉性が保たれ、音質は段違いに良くなります。

ボンドが乾いたら、内部に吸音材をたっぷり充填して裏面バッフルを取り付ければスピーカーの完成です。

このスピーカーユニットは、非常に強力なマグネットを備えており、近くにある工具をグイグイ吸い寄せるほどその磁力は強烈です。

7.7cmというサイズを超えた低音は、この強力な磁気回路がもたらしているといえるでしょう。


デザインはJBLをイメージしたカラーリング
にしましたが、出てくる音もJBLらしい元気で明るいサウンドです。

70〜80年代のフュージョンを非常に気持ちよく爽やかな空気感で聴かせてくれます。まだ十分なエイジングはできていませんが、鳴らしこんだ後のサウンドの変化にも期待が持てそうです。コンパクトさと高音質を両立した、澄みわたった青い空のように爽快な音が聴けるキューブ型スピーカーが誕生しました。

0 件のコメント: