2015年8月30日日曜日

スーツケース型アンプ内蔵スピーカー 製作記 -3

レトロ調のトランクケースのサイズ、55cm×34cm×18cmにバランスよく収まる16cmのフルレンジユニットを調達してきました。

選んだのは、ダイトーボイスのDS-16IIというユニットで、ダイアトーンのP-610にも匹敵する性能を持つと、オーディオ評論家の故・江川三郎氏のお墨付きだったという、DS-16の後継品です。

価格的にも1本1,189円とリーズナブルでしたので、迷わずにこのユニットに決めました。

■DS-16II 仕様
インピーダンス……8Ω
最低共振周波数……97.8Hz
再生周波数帯域……fo~18kHz
出力音圧レベル……87.19dB
入力…………………10W
バッフル開口径……145mmφ

買ってきたユニットを、早速トランクケースの上に乗せてみました。丸い外枠がこのケースにはよくマッチするデザインで、ユニットを選びなおしたのは正解だったようです。

お問い合わせ先:monophonica_records@yahoo.co.jp
※サウンドトランク=Soundtrunk *TM

0 件のコメント: