2015年8月30日日曜日

スーツケース型アンプ内蔵スピーカー 製作記 -2

レトロな風合いの木製トランクケースをオークションで落札しました。落札代金と送料を合わせて6,650円。本物のヴィンテージなら数万円はするのでしょうが、これは
レトロ風の収納ケースのようです。

素材は木製ということもあり、とりあえずスピーカーユニットを取り付けてみようと思います。届いてみるまでは、大きさの想像がつかなかったのですが、実物は55cm×34cm×18cmと結構大きなもので、その割に重さは2.5kgと軽くできています。


とりあえず、手持ちのfostex P1000(ステレオ誌2015年8月号付録)を置いてみましたが、10cmクラスでは小さすぎる印象です。もう一回り大きなスピーカーユニットのほうがバランスが良さそうです。

そこで、もう一つの手持ちのユニット、北日本音響株式会社のF01712D0を置いてみました。12cmフルレンジのこのユニットは、先日秋葉原のお店で見つけて買っておいたもの。

スペック的には、以下のような仕様となっています。

■F01712D0 仕様
口径……12cm
インピーダンス……4Ω
耐入力 定格/最大……15W/20W
最低共振周波数……100Hz
再生周波数帯域……fo ~ 18k Hz
出力音圧レベル……88dB
重量……445g

トランクケースの容量からすると、もう一回り大きなユニットでも行けそうです。フルレンジなら、16cmくらいのものがバランスが良いように思います。

ネットで検索してみると、ダイトーボイスの16cmユニット、DS-16IIという製品が値段も安く、コストパフォーマンスが高そうです。

F01712D0のバッフル用の穴を開けようと準備していましたが、一旦それを中断し、DS-16IIを見に行くことに決めました。そんなわけで、ユニット選びの結果も含めて続きは次回に掲載します!

お問い合わせ先:monophonica_records@yahoo.co.jp
※サウンドトランク=Soundtrunk *TM

0 件のコメント: